エコカーとは?

エコに改造

(2012-04-24)


全国で注目を集めている電気自動車。

沖縄県でも作製が進められています。 2012年3月末にはうるま市へ県内初の小型電気自動車(マイクロEV)が納品されました。( 沖縄タイムス記事より)
電気自動車は大手メーカーが販売しているものの他に、普通自動車を電気自動車に改造する、コンバートEV(改造電気自動車)があります。

モチロン電気自動車として車検も通ります。

今所有している車を電気自動車として改造出来る方法があるという画期的な選択肢。究極のエコがここにあります!
沖縄県内でコンバートEV(改造電気自動車)を作れるのです!!

読谷村にある”ゆくいデンキ”さんでは、用途や走行距離に合わせた数種類の容量電池を搭載させたコンバートEVを作製しています!

体験試乗、親身な相談、納得の説明など、安心できる地元企業であなたの車もエコに改造してみませんか?
右の写真はバッテリーです。バッテリーは走行距離によって大きさを選べるそうですよ!
通常は座席下や車体下に格納されます。(これはオーナーさんの希望でこのようになっているそうです。)
気になるお値段ですが、バッテリーの大きさによってかなり違うとのこと。
小型自動車で遠出をしない場合なら100万円くらいでできると言うから、にわかに現実味を帯びてきます!
このくらいなら、買い替えしないで電気自動車に改造する方が経済的にも環境的にもずっと賢い選択ということに!!